エイズ検査でエイズの進行をSTOP│普段のライフを見直そう

人差し指を立てる看護師

病院の治療と食生活

病院で積極的に治療を受ける

笑顔の看護師

エイズ検査で陽性になった場合は、病院で積極的に治療を受けましょう。病院での治療は、他の病気にかかっていないかを検査します。エイズは免疫が低下していく病気なので、別の病気にかかりやすくなります。それを防ぐためにも、この検査は必要になるのです。その検査でエイズの進行具合を見て、治療を行なっていきます。また、エイズの治療を行うにあたって、カウンセラーが必要になります。なぜなら、エイズかかっていると知った患者はショックで落ち込みやすくなるからです。そんな時にはカウンセラーの存在が欠かせなくなります。エイズにかかっている人の悩みは周りにとても理解されにくいです。この病気にかかっているというだけで、差別されてしまうこともあります。そのため、それを理解してあげられる人はカウンセラーしかいないのです。

たくさんのビタミンを摂取しよう

エイズの治療では、栄養士が必要になります。この栄養士は、たくさんの栄養を摂取できるようにと、食事を考えてくれます。性病や生活習慣病はこの栄養が不足することで起こります。病気にかからないようにするためには、免疫細胞を活発にする必要があるのです。その細胞を元気にするためにも食事からは様々な栄養を摂取することが必要になります。そのため、野菜や果物などを食生活に摂り入れなくてはなりません。それらの食べ物を摂り入れることで、ビタミンや食物繊維などを摂取することが出来ます。日頃から食事に気を付けていると、風邪ひきにくい体を作ることができるのです。